免税

念願の里帰りをする時に重要な事のひとつはお買い物。
実は外国人だけでなく、海外在住の日本人も消費税免税の恩恵を受けることができます。ありがたいことです。

デパートなんかで「免税カウンター」「TAX-free」なんて書いてあるお知らせポスターを見たことはありませんか?
このお知らせがあるお店でお買い物後に専用カウンターで、商品とレシートと共に、パスポートを見せると消費税の免税手続きをしてくれます非居住者が対象なので、観光客だけでなく、海外在住の日本人も対象になるんです!
taxfreeのサイン
そんなありがたいシステムですが、実は最近空港で始まった新しいサービスのおかげで消費税免税ができない日本人が急増中なんです!私も今回、夢にも思わずにとった行動のせいで、お買い物後に免税ができない事が発覚!この失敗談を海外在住の皆様にシェアしたいと思います。

消費税免税に必要な条件は?

買い物客

まず、消費税を免税にしてもらうのには条件がいくつかあります。

非居住者である事

外国に住む外国人はもちろんのこと、駐在が理由で海外に住む日本人、2年以上外国に滞在している日本人で日本での滞在が6ヶ月未満の人は免税を受ける事ができます。

免税店としての許可を受けた店舗で買い物&手続きする事

デパートやショッピングセンター、電化製品店、ドラッグストアなどで「TAX-FREE」のサインを見かける事があると思いますが、そういうお店で買い物した場合のみ、免税を受ける事ができます。デパートなどの場合は店内でのお買い物が全て終わってからまとめて手続きをして消費税分が戻ってくる仕組みです。ユニクロやビックカメラなどは、商品を支払う時に免税手続きをしてもらうので最初から免税でお支払いしました。

免税対象の商品は?

家電、洋服、カバン、靴、時計、民芸品などの一般物品や食品、化粧品、医薬品、果物、飲料などの消耗品が免税の対象になります。レストランの食事やホテルの料金も免税になったらいいのになぁ、なんて思っちゃいます。対象になるのは1日の合計額が税抜きで5000円以上50万円未満になります。という事はもしロレックスとか50万円以上の商品を買う場合は空港の免税店で買った方が良さそうですね。ちなみに買い物した日にパスポートを忘れると、もう手続きはできませんので、パスポートを忘れずに!
なお、免税を受けた商品はパッケージに入ったままで、海外に出るまで使ってはいけないというのが原則となっています。(でも荷物になるし、パッケージとか捨てちゃいますよね…)

免税手続きの方法:この落とし穴にハマる非居住者が急増!

免税に必要なのはレシート、買った商品、そしてパスポート。ですが、実は問題はこのパスポート。パスポートに入国スタンプが押してないと免税は受けられません!

「だからどうした?」と思っている方は、最近日本に帰っていないでは?

というのも、現在成田空港や羽田空港(おそらく他の空港もそうですが、未確認です)では、混雑を少しでもなくすための自動化ゲートがどんどんできているのです。以前も登録が必要な自動ゲートはありましたが、現在は登録無用で顔認識ゲートなるものができ、日本人はどんどんそちらに誘導されます。
行列

これらの自動化ゲートを通ると、スタンプは押してもらません
けれども、通過後に係の人に頼むとスタンプを押してもらえますので、免税を考えている方は必ずこの入国スタンプを押してもらってください!
パスポートのスタンプ

まとめ

空港の自動化ゲートを利用して日本に入国すると、消費税免税の手続きができません!

「自動化ゲートやったー!並ぶ時間が短縮されて嬉しい♪」なんて思っていたら、デパートの免税カウンターでまさかの免税拒否。お店の方によると、最近特にそういう日本人がとても多いそうです。

海外に住んでいて里帰りのご予定、大きなお買い物の予定がある方はご注意くださいね。