★バンカナ★ライフ in バンクーバー:たまに旅行、時々食べ歩き、時々美容、時々節約のお話

ブログ名変えてみました。迷走中ですw カナダ・バンクーバーに住んで足掛け25年。バンクーバー情報(ほぼフード関連)、趣味の旅行、ANAマイル修行、お気に入り美容グッズ、節約技などをご紹介します♪

カテゴリ: 旅行記

モントリオール・トルドー国際空港からモントリオール市街地までの交通手段はいくつかあります。今回はそちらをご紹介したいと思います。 モントリオール空港からの交通手段:目次 バス 747系統 タクシー UBER ウーバー レンタカー バス 747系統 http://w ...

ベーグルと言えばニューヨークを思いつく方が多いかと思いますし、確かにその通りなのですが、実はモントリオールもベーグルで有名なんです。やはりお土産に買っていかねば!と思い、ベーグル専門店をサーチして行ってきました。La Fabrique de Bagel de Montréal1000 Rue d ...

トロントは本当に大きな都市で、3泊くらい行った程度で「ここに行くといいよ!」みたいなブログを書くのはおこがましいのであくまで「ここに行ったよ!」的なブログエントリーになってしまいますが、こちらも便利でおしゃれ!と思った場所なのでブログに残しておこうと思い ...

うちの旦那、どんなに美味しくてもずっと洋食ばかり食べているとアジア料理が食べたい病になります。って、アジア料理なしの生活もまだ2日くらいしか経ってなかったのですが、トロントの中華も美味しいらしい、と聞きつけてこちらに飲茶を食べにやってきました。Pearl Harbo ...

私が前回トロントに行ったのはかれこれ25年近く前!カナダに住んでいても、出張とかがない限りなかなか他の都市には行かなかったりします。そんなわけでせっかく行ったトロント、お食事も行ってみたい所に思い切って行ってみました。こちらは、トロントでも有名な、ビルの5 ...

トロントの見所と言うと、お買い物や美味しいレストランの他に、博物館や美術館など入館料のかかる場所が多いです。観光で来ていたら一つでも多くの場所に行きたいですが、入場料もそれなりにかかるので、それに伴いかかるお金も半端ないです。そこで重宝するのがCity Pass。 ...

今回は、マリオット系列のBonvoyでポイントが2回目の滞在からポイントが2倍溜まるダブルテイクキャンペーンをやっているのと、1泊分はポイントで泊まれるということもあり、こちらのホテルを選びました。シェラトン センター トロント ホテル(Sheraton Centre Toronto Ho ...

桜もちらほらと咲き始め、3月の歴代最高気温20度前後を各地で記録したバンクーバー。春休みはそんなバンクーバーを離れて極寒(バンクーバー民にとっては)のトロント&モントリオールへ行ってまいりました。ただホテルなども高いし色々と物入りな春。(というか、いつも金欠 ...

雪の日に、ちょっとラッキーな事があって、フォーシーズンズホテルバンクーバーにステイケーションしてきました♪ステイケーション(Staycation)という言葉がどれくらい日本で知られているかよくわかりませんが(ネット上にはあるので、ある程度は知られているのでしょうか) ...

前回カナダの州別の消費税について書きましたが、→そのブログはこちら「【カナダ旅行者必見】カナダで買い物するならここ!州によって違う消費税」今回は、アメリカで旅行をする方のために、アメリカの消費税について調べてみました。アメリカで買い物するならここ!消費税 ...

日本も消費税が10%になってしまうようですね。痛いなあ。北米も名前は違いますが、消費税があります。国や州にまたがって旅行する場合、消費税の額も気になりますよね。そこで消費税の州ごとの違いをまとめて見ました。カナダの場合カナダの消費税の仕組み州によって名前は違 ...

念願の里帰りをする時に重要な事のひとつはお買い物。実は外国人だけでなく、海外在住の日本人も消費税免税の恩恵を受けることができます。ありがたいことです。デパートなんかで「免税カウンター」「TAX-free」なんて書いてあるお知らせポスターを見たことはありませんか? ...

ラウンジを出て、子供達の待つ出発ゲートに向かっているところに娘から「ママの名前呼ばれてるよ!早く来た方がいいよ!」との連絡が。何事??と思ってゲートに到着すると、確かに私の名前が呼ばれています。そこで早速行ってみると「お呼び立てして申し訳ありません、お席 ...

夏も終盤、バンクーバーに戻る日となってしまいました。後ろ髪引かれる思いではありますが、現実が待っています。今回はプレミアムエコノミーでの旅。ただし、私1人と子供(高校生と大学生)2人だったのですが、若い2人にはエコノミーに。若い時の苦労は大事って言いますも ...

↑このページのトップヘ