にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ

金刀比羅宮に行くならお薦めの旅館 琴参閣

IMG_1869

四国周遊記のブログにもすでに書きましたが、3泊4日の1泊目の滞在先は琴参閣

四国にも電車は走っていますが、うどん屋さん巡りや時間にも場所にも臨機応変な移動には、やはり車での移動が一番でした。

旅行を申し込んだ時点ではまだ行程の詳細は決めていませんでしたが、香川市内の観光の後、金刀比羅宮まで行って宿泊というのが1日目のプランでした。

琴参閣は駅からも近いですが、車での移動も大きなホテルなので探すのが簡単だったし、駐車場も無料だったので助かりました。


琴参閣

トリップアドバイザーの紹介ページへ

チェックイン後に、ホテルの方がお部屋まで案内してくれます。荷物も持ってくれるのですが、普段アメリカで、チップを払う習慣がある私たちはドギマギドギマギ、罪悪感を感じ、私もポチ袋とか用意するべきだったか、とわき汗。でも、スタッフは、フレンドリーに颯爽とお部屋まで案内してくれました。

部屋にあったお菓子。
IMG_0103
お茶を飲みながら、いただきました。美味しかったです。

日本国内の旅行といえば、やっぱり温泉が楽しみの一つ。
温泉が出ているのも選んだ理由の一つでした。
IMG_8454

こちらのお風呂は夕方と朝で男湯と女湯を交換してくれるので、両方を楽しむことができます

女性の方がお風呂好きは多いのに、昔からの習慣で男風呂の方が大きかったり豪華だったりする事もある日本の旅館のお風呂事情ですが、こういうサービスは本当にありがたいですね!

ちなみに、両方行きましたが、どちらが劇的に豪華とか大きいということはなかったです。

露天風呂があり、そのうちの一つはなんとバラ風呂!バラの花びらが浮かんでいます!
ロマンチックなお風呂、家では掃除がめんどくさいのでやった事ないのですが、ここで経験できてよかったですw

他にもジェット風呂だったり、水風呂だったりいくつかお風呂の種類が楽しめるのですが、その中でも薬草湯が、とても効き目があり、息子のアトピー皮膚が一発で治りました!←もちろん根治ではなく、その時だけです(一発で治ったというのは、1度しか入ってないから)

温泉は、ホームページによると、単純放射能冷鉱泉で、効き目は神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え症、疲労回復、健康増進、痛風、動脈硬化症、慢性胆嚢炎、胆石症、慢性皮膚病、慢性婦人病、だそうです。治りかけの四十肩だった私は、お風呂で一生懸命肩甲骨のマッサージしてましたw

お風呂上がりでさっぱりしたところで早速夕食。
大広間で食べますが、テーブルはグループごとにセッティングされています。

今日のメニューは
IMG_3736

全体像はこんな感じ
IMG_4569

結構盛りだくさんでびっくりです。

食前酒が子供達のところにもあったので奪って3杯飲みましたw

綺麗な緑の器に盛り付けられていたお造り
IMG_3468

席に着いてからやってきた暖かい天ぷら
IMG_1455

釜飯もたっぷりあるのに
IMG_7969

うどんまで!でも今日はうどんを3回食べれて幸せです。
IMG_1599

部屋に戻るとお布団が敷いてありました。
IMG_6680
いつもホテル滞在、ベッドばかりなので、畳に4人分の布団があるだけで子供達もテンション上がります。

朝も朝風呂を浴びてから朝食です。朝の露天風呂はまた格別ですね!家の朝シャワーとは次元が違います。

朝食はあいにく、相席で、食後の食器は片付けてくれていますが、テーブルクロスのシミなどはそのまま。早めに行けるならその方が気分がいいかも。バイキング形式の朝食です。食べ物の補充も後半はあまりなかったのでやはり食べるの重視なら早めに行くことをお勧めします。私はお風呂優先だったので。

IMG_0027
これは私の盛り付け。
どれも美味しかったですよ!

香川の名産でしょうゆ豆なるそら豆があるのですが、これが色々な所で売っているものの、食べたことがないので躊躇していたのですが、ここで食べる事ができました!

チェックアウトは10時。
IMG_4282
この綺麗な景色の見えるロビーにお土産屋さんもあるので、色々と買って帰りました。

私にとっては初めての金毘羅宮であり、近辺のホテルもこちらにしか泊まった事がないので一概には言えないのかもしれませんが、私的にはとても気に入ったホテルでした。家族連れとか大きなグループには特に良いのではないかと思います。

——-
今回、色々と吟味した結果、選んだのは、H.I.S.のレンタカー付き、四国周遊4日間の旅。
自分で旅行の行程もホテルも選べるフリーのプランです。琴参閣は確か少し追加料金がかかったと思います。

四国周遊の旅行記はこちらからどうぞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました