にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ

【メルカリvs楽天ラクマ 比較】どっちがいいの?経験を踏まえてのリアルなアドバイス

フリマ

今回、6月末から足掛け3ヶ月近く実家を行ったり来たりしていた私ですが、途中カナダに戻ったり、相方の実家である台湾に行ったりしていたので実質滞在したのは1ヶ月もありませんでした。
その間に少しでも日本に持って帰ったものを売り上げないと、次はおそらく来年の夏までメルカリやラクマ で小銭稼ぎをすることはできません!

そんな感じで切羽詰まっていた私が少しでも速く、お得に、持っているブランド品をラクマ やメルカリで処分した体験談を皆様にシェアしたいと思います。

メルカリかラクマか:手数料で比較

メルカリもラクマ も、主にスマホアプリを利用してのフリマで、自分で売りたい物を写真に撮り、値段を付け紹介し、それを買いたい人がいたらアプリ上でやり取りして売買成立という仕組みです。

手数料などの比較を表にしてみました。

アプリ名手数料出金手数料振込期限
メルカリ
売上金の10%210円(1万円以上無料)90日
ラクマ
ラクマ
売上金の3.5%210円(楽天銀行は1万円以上無料)1年

こうして見るとラクマ が断然お得ですよね?特に楽天銀行に口座があれば、1万円以上の売り上げさえ目指せば出金手数料もかかりません

そんな訳で私もはじめはラクマで出品を開始しました。

メルカリやラクマでどんなものを売るの?

カナダから持っていったのは、クリスマスのばらまきプレゼント用にKate Spadeのオンラインショップで買ったものの配りきれずに余った化粧ポーチや
KateSpadeポーチ

もらったけれど、ピアスの針が太すぎて私の小さな穴には通らず未使用の同じくKate spadeのピアス
KateSpadeピアス

他にもトリーバーチのアウトレットで衝動買いしたものの、いざ着てみるとあまり似合わなかったのでほぼ未使用の服やKate Spadeやアンテプリマ、コーチなどのちょっと古いけれどもあまり利用していないので状態は良いバッグ、そして家で山積みになっていたiPhoneの箱やグッチなど高級ブランドの財布が入っていた箱も売ってみました!あとはブランド物の古着も。あと、新しいガジェット好きな旦那が買い換えたのでGoogleのクロムキャストの古い世代の物や監視カメラなども出品。

値段設定はアプリが平均価格などを見せてくれるので、それを参考に。

販売結果は?そしてメルカリにも挑戦!

結果はまずまず。中には出品してすぐに売れたものありました。調子に乗って、カナダから持ってきたブランド物だけでなく、実家に眠っていた古本やなんかも売りに出してみましたが、これも売れてホクホク♪

けれどもやはり売れない物も出てきます。値段を下げても売れる気配がなく、私の場合売るための期限も迫っていたので、ここは多少手数料がかかっても仕方がないかとダメもとでメルカリにもトライしました。すると…

ラクマ で苦戦していた商品がメルカリで即売!

これに味を占めて、ほとんどの品をラクマ とメルカリで同時販売しました。→同時に売れるとトラブルになるというリスクが伴うのであまりオススメはしません(汗)

結果としては逆のケースもありましたが、メルカリの方が若干反応が早い(売れやすい)ように思いました。やはり利用客が多いのかもしれません。

メルカリとラクマ 、入金の違いは?

売上金を現金として入金するには手続きが必要です。上の表にもあるように、手数料や期限などがそれぞれあります。

私は楽天銀行に口座があるので、ラクマ は1万円以上の売り上げで無料での送金。メルカリは結局後から始めたこともあり、売り上げが1万円に満たなかったものの、90日しか入金期限がないので来年まで待てないことから210円の手数料も仕方なく払っての送金手続きを行いました。

ラクマ は振込申請の当日中に振込が、メルカリはなんと1週間かかりました。

メルカリメール

その他に感じた違いは?

ラクマ とメルカリのその他の違いはアプリです。基本似たような物ではありますが、便利だなと思った機能はこちらです。

<メルカリ>

  • 一斉編集ができる:旅行などで取引ができない時に一時的に出品停止ができるのですが、メルカリは出品している商品を一度に編集して公開停止を選択することでができます。ラクマ の場合は一つ一つ「下書きに保存」を選択しなければならないので出品数が多い場合に面倒です。
  • 一斉編集

  • 本を売る時はバーコードスキャンができる:出品するもののタイトルや説明をいちいち入力するのは結構めんどくさいものです。メルカリにはバーコード機能があり、これでスキャンするだけで、例えば本だったら本のタイトルや作者、定価、カテゴリーなどが自動的に入力されます。

    バーコード

  • 匿名機能:メルカリは匿名機能があり、個人の身元がバレることなくやり取りできます。まあ別に基本身元がバレても困るような物は売っていないし必要ない機能なのかもしれませんが、やはりプライベート情報の扱いが色々と心配な昨今、ありがたい機能ではあります。なお、普通郵便でのやり取りの場合はこの匿名機能は使えません。

まとめ

  • 出品手数料はラクマ の方が安い(3.5% vs 10%)
  • 売り上げ後の入金はラクマ の方が早い(当日vs1週間)
  • 売り上げ後の入金申請期限はラクマ の方が余裕がある(90日vs1年)
  • 場合にもよるがメルカリの方が売れるのが早い
  • アプリの使用感はメルカリの方が便利
  • メルカリには匿名機能がある
といった違いを感じました。どちらにも長所短所があり、一概にどちらかをイチオシするというよりは、両方を臨機応変に使い分けるのが賢く儲けるコツかな、と思いました。


メルカリなどのフリマは、お買い物も楽しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました