にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ

北米で急に流行りだして世間を驚かせた Tide Pot Challenge

2014年に流行ったALSアイス・バケツ・チャレンジを覚えていますか?

2014年の夏頃、突然アメリカ方面から始まったALSという病気を世間に広める事を目的に始まったこのチャレンジ。バケツに入った氷水を頭からかぶる様子をビデオで撮り、SNSなどで広めていくのが急に流行りましたよね(かぶるのが嫌ならALS協会に寄付するのでもOK)。

水を被った後に3名ほど指名しなければならず、うちの子供達もご指名が来て水かぶってました。まあ夏だし暑い日本にいたからよかったけど。

是非はありましたが、ALSを広めるきっかけにはなったと思います。ただ後に続く人を指名しないといけないのがちょっとチェーンメール的で後味悪いんですけどね。

2018年に流行っているのはなんとジェルボール洗濯洗剤・チャレンジ

今年に入って急遽話題になっているのがこの洗剤ポッドを飲み込むチャレンジ、その名もTide Pot Challenge。Tideというのは北米で有名な洗濯洗剤のブランドです。
アイス・バケツ・チャレンジと違ってなんの利もないのですが、ティーン達が面白がってYoutube上に公開し、あっという間に広がったとか。

無論、洗剤を飲み込んだらとっても危険。最悪では死に至った例もあるほか、下痢や嘔吐、長期にわたる呼吸困難になる可能性もあるそうです。

89f66eb551505a513cd21cce42d0a106_s

飴玉の様に可愛い見た目なので子供が食べない様にという喚起が日本でもありましたよね。

子供なら親が気をつけて手の届かないところにしまうとかできますが、ティーンなんて、隠したり高い所に置いたって意味がないし、スーパーに行って自分のお金で買うこともできるし、困ったものです。

Tideの製造メーカーや、こちらのニュース、政府などがTide ポッド・チャレンジをしない様にと強く呼びかけているほか、YouTubeでもポッド・チャレンジは消去されているのでこの騒動は収束を迎えてはいます。

ジェルボール洗剤はとても便利なので販売を続けて欲しい!

日本でもジェルボール洗剤はかなり普及しているのではないでしょうか?
↓こういうのです。

こちらの洗濯機は(日本の洗濯機も同じかもしれませんが)、洗剤を入れる箇所があるのでそこに洗剤を入れるのですが、粉でも液体でもその洗剤注入口が汚れてしまうのですがジェルボールだと汚れにくいんです。これは食器洗浄機(据え置き型ではなくビルトイン型)でも言える事で、ジェルボールだと洗った後に粉が機械の中に残っているなんて事がなくて気に入っています。
↓こういうの

変な事件が続くと、なんでも過剰反応する現在、すぐに販売中止とか禁止とかになっちゃうので、さっさと変な流行りは終わって欲しいものです。

ジェルボール洗剤は他の洗剤よりも高いので、もっぱらコストコでコストコブランドやその時に一番安いジェルボール洗剤を買うのが個人的にはおすすめです。

コストコでは会費の元を取れる様に、でも無駄遣いしない様にバランスを見極めながら買い物してます♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました