にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ

【難消化性デキストリンvsイヌリン】カナダのベネファイバーはトクホではありません!



4901330674125c05e3b984dd8e9d280d_s

特にアメリカ在住の方のブログを読んでいるとよく目にするトクホ飲料と難消化性デキストリンのお話。

多くのトクホ飲料に含まれている「脂肪の吸収を抑え、排出を増加させる難消化性デキストリン(食物繊維)が含まれている飲料がアメリカで販売されていて、どの飲み物にも入れられるので気軽に使うことができるしお値段もなかなかお得、と言う素敵なお話です。

benefiber_fiber_supplement_products
出典:www.benefiber.com

私もこの情報を読んでウキウキしながらコストコで大きなBenefibreを買ったのでした→カナダではファイバーのスペルが違います。

IMG_6674

で、毎日飲んでいて、そのレビューを書こうと思ってよーく材料を見てみました。
IMG_3062

え???Inulin???イヌリン??デキストリンの英語がイヌリンのわけないよね?!

と調べてみたところ、

カナダのベネファイバーには難消化性デキストリンではなくてイヌリンが入っています!

なぜー?なぜ、なぜー????

ちょっと調べてみたところ、Health Canada(カナダの健康庁)では難消化性デキストリンを繊維として取り扱っていません。→Health Canadaのページ
ただ、輸入禁止とかでもないようですが。ちなみに難消化性デキストリンの英語と言うか、アメリカのベネファイバーに入っているのはwheat dextrinです。

こう書くと、イヌリンの方がいいんじゃない?と思うかもしれませんが、逆に日本ではイヌリンはトクホには指定されていません。トクホとは「特定保健用」の略で、消費庁によると、

1991年に栄養改善法で法制化された食品で、「特定の保健の目的で摂取する者に対し、その摂取により当該保健目的が期待できる旨の表示が許可された食品をいう」と定義されています。

との事。なので政府のお墨付きだから安心して使えるはずですが、カナダではなぜか認められていない模様。イヌリンは特に菊芋やチコリという植物に多く含まれる水溶性の植物繊維です。

他のブランドでも難消化性デキストリン入りの繊維を買おうと思ったのですが、カナダでは簡単には手に入らなそうなので今度アメリカに行った時にでも買いますかね。それまではイヌリンで代用です。←と言うかイヌリンと難消化性デキストリンどちらが良いのかはよくわからないので調べてみようと思います。



  

コメント

タイトルとURLをコピーしました